お知らせ

2022年
2022年09月27日
インフルエンザワクチン、髙尿酸血症と痛風、糖尿病

インフルエンザワクチン

 10月からインフルエンザワクチンの接種が当院でも始まります。ワクチン効果持続は、約5ヶ月と言われているようですので、65歳以上の方はなるべく早めに接種なさることをお勧めします。今年もA型2種、B型2種の4価のワクチンになります。A/ビクトリア(H1N1)、A/ダーウィン(H3N2)、B/プーケット(山形系統)、B/オーストリア(ビクトリア系統)に対する4株混合ワクチンです。インフルエンザワクチンは、インフルエンザに罹らないようにする効果よりも、罹ったときに重症化しないという効果が期待されるものです。今年の夏には南半球でインフルエンザが流行しており、冬に日本でも大流行が危惧されています。新型コロナワクチンと同様に、主な効果は重症化予防になります。ワクチン接種の意義が感染症の重症化を防ぐと言うのはわかりづらいと思いますが自動車を運転するときのシートベルトと同じようなものだと考えたらいかがでしょうか。シートベルトをしても交通事故を起こす確率(可能性)は変わらないと思いますが、事故を起こしたときの死亡や障害の重症化は防げると思います。それと同じようにワクチンを接種した場合には、感染症にかかるリスクはあまり減らないとしても、感染症にかかったときの重症化は防げるのです。

髙尿酸血症と痛風

 健康診断などで、尿酸が高いと指摘された方も多いかと思います。高尿酸血症は、そのものは何も症状は起こしませんが、放っておくと痛風(通常1つの関節が赤く腫れて痛くなる)や腎障害を起こし、動脈硬化(心筋梗塞や脳梗塞の原因)のリスクにもなります。尿酸値を下げる薬で有効な薬物治療法は、かなり確立されていますので、専門医による治療を受けましょう。当院では、痛風財団の痛風協力医療機関として、学会の治療ガイドラインに従った診療をしています。

糖尿病

 健康診断の結果で、糖尿病が疑われると指摘された方もいらっしゃるかと思います。糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖(血糖)が増えてしまう病気です。インスリンは膵臓から出るホルモンで、血糖を一定の範囲内におさめる働きを担っています。血糖の濃度が高い状態(高血糖)が何年も放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病(心筋梗塞など)や、網膜症(失明)、腎不全で血液透析、足壊疽による切断といった、合併症につながります。また、著しく高い血糖は、それだけで意識を失うことがあります(糖尿病性昏睡)。糖尿病の合併症が起こらないようにするためにも、また新型コロナウイルスに感染した際にも重症化しないためにも、糖尿病の早期診断、早期治療が大切です。健康診断で糖尿病が疑われた方は、なるべく早く医療機関を受診して下さい。
2022年08月29日
健康診断、熱中症、骨粗鬆症

健康診断

 今年も健康診断の季節になりました。くり返しになりますが、健康診断でわかることには大きく分けて2種類有ります。一つは、糖尿病、高血圧、脂質異常症、髙尿酸血症などの生活習慣病が発見されることです。これは、これらの診断に必要な項目が、健康診断の検査項目にあるので当然でしょう。もう一つは、癌などの重大な病気を見つけるきっかけになることです。こちらの方が重要ではないかと思います。当院でも、貧血や肝機能障害、胸部レントゲン、PSA検査などから癌が見つかったということが少なくありません。健康診断ですべてがわかるわけではなく、通常は検査した項目しかわかりませんが、毎年受けることで昨年との変化で病気が見つかることがあります。生活習慣病は、それのみでは症状が無いことが多いのですが、脳梗塞や心筋梗塞のリスクになる病気です。脳梗塞や心筋梗塞を発症する前に生活習慣病を治療することが、結果的に医療費を抑制することになります。「健康診断なんて受けても意味が無く必要ない」と思わないで、毎年必ず受けるようにしましょう。

熱中症

 猛暑日は少なくなりましたが6月中旬から蒸し暑い日が続いており、熱中症のリスクが高くなっています。今年も新型コロナの影響でマスク着用をすることが多く、熱中症のリスクが高くなっています。「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、めまい・けいれん・吐き気・意識障害・頭痛など様々な体の不調を総称した症状です。普段の体調管理に心がけ、普段から脱水にならないようにこまめに水分と電解質の補給を行いましょう。気温がそれほど高くなくても湿度が高いと、汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなります。必要に応じてエアコンの除湿機能を使いましょう。屋外で他人と充分に間隔があいている状況では、マスクを外して熱中症予防を行うことが重要です。

骨粗鬆症

 骨粗鬆症は、骨がスカスカになってもろくなり、骨折しやすくなる病気で、内科で定期的に治療し、転倒などで骨折してしまうと整形外科でお世話になる疾患です。最初は、自覚症状はありませんが、ひどくなると骨折を起こし、寝たきりの原因となる場合もあります。骨粗鬆症は閉経期以降の女性や高齢の男性に多くみられますが、若い人でも栄養や運動不足、ステロイド剤などの影響で骨粗鬆症になることもあります。長年の生活習慣も原因となることから、生活習慣病の1つと考えられています。骨粗鬆症が原因で腰骨(腰椎)の圧迫骨折を起こしたら腰が曲がり元には戻りません。骨粗鬆症やそれに伴う骨折を予防するためには、骨密度の検査を定期的に受けられることが大切です。
 くり返しになりますが、豊島区では、「骨粗しょう症検診」という該当者は無料で受けられるサービスもあります(詳しくは豊島区ホームページで御確認下さい)。
https://www.city.toshima.lg.jp/209/kenko/kenko/shinsa/002443.html
 他の健康診断と同様に、病気の早期発見、早期治療のために受けられることをお勧めします。
2022年07月08日
新型コロナワクチン、熱中症、骨粗鬆症、夏季臨時休診

新型コロナワクチン接種

 当院でも新型コロナワクチンの4回目の接種を行っています。同時に3回目接種も引き続き行います。新型コロナワクチは、現在流行しているBA.5株に対しての予防効果は少ないものの、重症化予防効果が大いに期待できます。なるべく多くの方がワクチンの追加接種を受け、重症化する人が少ない状態でより多くの人が免疫を獲得し、集団から新型コロナウイルスを排除するのが理想です。今年の冬にはインフルエンザの猛威が予想されており、早めに新型コロナの対策、そしてインフルエンザの対策をすることが重要になると思われます。

熱中症

 今年も、6月中旬から蒸し暑い日が続き、熱中症のリスクが高くなっています。今年も新型コロナの影響でマスク着用をすることが多く、熱中症のリスクが高くなっています。「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、めまい・けいれん・吐き気・意識障害・頭痛など様々な体の不調を総称した症状です。普段の体調管理に心がけ、普段から脱水にならないようにこまめに水分と電解質の補給を行いましょう。気温がそれほど高くなくても湿度が高いと、汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなります。必要に応じてエアコンの除湿機能を使いましょう。屋外で他人と充分に間隔があいている状況では、マスクを外して熱中症予防を行うことが重要です。

骨粗鬆症

 骨粗鬆症は、骨がスカスカになってもろくなり、骨折しやすくなる病気で、内科で定期的に治療し、転倒などで骨折してしまうと整形外科でお世話になる疾患です。最初は、自覚症状はありませんが、ひどくなると骨折を起こし、寝たきりの原因となる場合もあります。骨粗鬆症は閉経期以降の女性や高齢の男性に多くみられますが、若い人でも栄養や運動不足、ステロイド剤などの影響で骨粗鬆症になることもあります。長年の生活習慣も原因となることから、生活習慣病の1つと考えられています。骨粗鬆症が原因で腰骨(腰椎)の圧迫骨折を起こしたら腰が曲がり元には戻りません。骨粗鬆症やそれに伴う骨折を予防するためには、骨密度の検査を定期的に受けられることが大切です。
 くり返しになりますが、豊島区では、「骨粗しょう症検診」という該当者は無料で受けられるサービスもあります(詳しくは豊島区ホームページで御確認下さい)。
https://www.city.toshima.lg.jp/209/kenko/kenko/shinsa/002443.html
 他の健康診断と同様に、病気の早期発見、早期治療のために受けられることをお勧めします。

夏季臨時休業

 今年は、山の日の8月11日(木)から8月16日(火)まで夏季休暇をいただきます。
 8月17日(水)より通常通り診療を開始いたします。お間違いの無いようにお願いいたします。
 下表では、休診の部分を赤い文字で示しています。
8月11日 木曜日
(祝日:山の日)
10時~13時:休診
  16時~19時:休診
8月12日 金曜日
10時~13時:休診
  16時~19時:休診
8月13日 土曜日
10時~13時:休診
  16時~19時:休診
8月14日 日曜日
10時~13時:休診
  16時~19時:休診
8月15日 月曜日
10時~13時:休診
  16時~19時:休診
8月16日 火曜日
10時~13時:休診
  16時~19時:休診
8月17日 水曜日
10時~13時:診療
  16時~19時:診療
2022年06月16日
新型コロナワクチン、熱中症、夏季臨時休診

新型コロナワクチン接種

 当院では、日常診療をしながら昼休みを中心に新型コロナワクチンの4回目の接種が始まる予定です。同時に3回目接種も引き続き行います。新規感染者が減っている今だからこそ、なるべく多くの方がワクチンの追加接種を受け、集団から新型コロナウイルスを排除するのが理想です。今年の冬にはインフルエンザの猛威が予想されており、早めに新型コロナの対策、そしてインフルエンザの対策をすることが重要になると思われます。

熱中症

 今年も、6月中旬から蒸し暑い日が続き、熱中症のリスクが高くなっています。今年も新型コロナの影響でマスク着用をすることが多く、熱中症のリスクが高くなっています。「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、めまい・けいれん・吐き気・意識障害・頭痛など様々な体の不調を総称した症状です。普段の体調管理に心がけ、普段から脱水にならないようにこまめに水分と電解質の補給を行いましょう。気温がそれほど高くなくても湿度が高いと、汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなります。必要に応じてエアコンの除湿機能を使いましょう。屋外で他人と充分に間隔があいている状況では、マスクを外して熱中症予防を行うことが重要です。

夏季臨時休業

 今年は、山の日の8月11日(木)から8月16日(火)まで夏季休暇をいただきます。
 8月17日(水)より通常通り診療を開始いたします。お間違いの無いようにお願いいたします。
 下表では、休診の部分を赤い文字で示しています。
8月11日 木曜日
(祝日:山の日)
10時~13時:休診
  16時~19時:休診
8月12日 金曜日
10時~13時:休診
  16時~19時:休診
8月13日 土曜日
10時~13時:休診
  16時~19時:休診
8月14日 日曜日
10時~13時:休診
  16時~19時:休診
8月15日 月曜日
10時~13時:休診
  16時~19時:休診
8月16日 火曜日
10時~13時:休診
  16時~19時:休診
8月17日 水曜日
10時~13時:診療
  16時~19時:診療
2022年05月17日
新型コロナワクチン接種、熱中症

新型コロナワクチン接種

 当院では、日常診療をしながら昼休みを中心にファイザー社の新型コロナワクチンの追加接種(3回目の接種)をしておりますが、最近では希望者が少ない印象です。
 6月頃からは4回目接種が開始されるようですが、詳細はまだ明らかになっておりません。
 ワクチン以外に我々に出来る手段は、3密の全ての密を回避し、日頃から糖尿病、高血圧、脂質異常症などの持病の治療継続を行い、持病をしっかりコントロールして、万が一新型コロナに感染した際にも重症化しないようにすることが重要です。

熱中症

 これからの季節、蒸し暑い日が続き、熱中症のリスクが高くなります。「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、めまい・けいれん・吐き気・意識障害・頭痛など様々な体の不調を総称した症状です。普段の体調管理に心がけ、普段から脱水にならないようにこまめに水分と電解質の補給を行いましょう。気温がそれほど高くなくても湿度が高いと、汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなります。必要に応じてエアコンの除湿機能を使いましょう。症状は新型コロナウイルス感染と区別しにくいこともあります。マスク生活にすっかり慣れた昨今ですが、屋外で他人と充分に間隔があいている状況では、マスクを外して熱中症予防を行うことが重要です。熱中症の予防として、外出先では日傘や帽子で直射日光を避け、日常的にこまめな水分摂取と電解質補給に心がけましょう。
2022年04月15日
ゴールデンウィークの休業、花粉症など

ゴールデンウィークの休業

 本年も暦通りの休みです。4月29日(金)、5月3日から5日は暦通りお休みです。連休中に内服薬がなくならないように、早めに受診なさって下さい。

花粉症と新型コロナ対策

 当院は、東京豊島区のJR大塚駅の近くにありますが、東京近郊では、ヒノキ花粉症のピークを迎えつつあります。ヒノキ花粉は、4月上旬~中旬にピークを迎え、5月まで続くと思われます。その他の春の花粉症の原因としては、4~5月のシラカンバと1~4月のハンノキが挙げられます。。繰り返しになりますが、新型コロナ感染が相変わらず広がっており、花粉症の方が無症状の新型コロナ感染者になることが多く想定されます。花粉症のくしゃみによってウイルスは拡散し、周りの人に新型コロナ感染を広げることになリます。
 花粉症のある方は、早めに抗アレルギー剤を内服し、くしゃみを抑えることが新型コロナ感染対策の見地からも重要です。また、花粉症と風邪症候群、新型コロナ感染症(特にオミクロン株)の鑑別も重要ですので、自己判断で薬を内服せずに、鼻水、鼻づまりのある方は早めに内科、アレルギー科を受診なさってください。

新型コロナワクチン追加接種

 当院では、日常診療をしながら昼休みを中心に接種しております。人流が増加するゴールデンウィークの2週間前までに新型コロナワクチンの追加接種を完了されることをお勧めします。
 ワクチン以外に我々に出来る手段は、3密の全ての密を回避し、日頃から糖尿病、高血圧、脂質異常症などの持病の治療継続を行い、持病をしっかりコントロールして、万が一新型コロナに感染した際にも重症化しないようにすることが重要です。
2022年03月17日
花粉症と新型コロナ、新型コロナワクチン追加接種

花粉症と新型コロナ

 東京では花粉症がピークをむかえています。花粉症対策は、抗アレルギー剤の内服を早めになさる事とともに、抗原に暴露しないようにマスクやゴーグルを着用することが大切です。早めに対策を講じる事をお勧めします。
 現在、新型コロナ感染が爆発的に広がっており、花粉症の方が無症状の新型コロナ感染者になることが多く想定されます。花粉症のくしゃみによってウイルスは拡散し、周りの人に新型コロナ感染を広げることになリます。
 花粉症のある方は、早めに抗アレルギー剤を内服し、くしゃみを抑えることが新型コロナ感染対策の見地からも重要です。また、花粉症と風邪症候群、新型コロナ感染症(特にオミクロン株)の鑑別も重要ですので、自己判断で薬を内服せずに、鼻水、鼻づまりのある方は早めに内科、アレルギー科を受診なさってください。

新型コロナワクチン追加接種

 当院では、日常診療をしながら昼休みを中心に接種しております。新型コロナワクチンは入荷数が限られており、無駄に廃棄するわけにはいきません。予約の変更はできませんが、キャンセルされる場合には、3日前までにあらかじめご連絡ください。また、当日連絡なく5分以上遅れますと、キャンセルとみなし、次の順番の方に連絡いたします。
 その場合には、次にいつ順番が回ってくるかは、お約束できません。どうか事情をご理解いただきますよう、お願い申し上げます。
 徐々にではありますが、治療薬の供給も進んでおり、早期治療の可能性が期待できます。
 しかし、現状で我々に出来る唯一の手段は、3密の全ての密を回避し、日頃から糖尿病、高血圧、脂質異常症などの持病の治療継続を行い、持病をしっかりコントロールして、万が一新型コロナに感染した際にも重症化しないようにすることが重要です。
2022年02月07日
花粉症と新型コロナ、新型コロナワクチン追加接種

花粉症と新型コロナ

 今年も1月から鼻炎症状が出ている方が多数いらっしゃいます。2月には本格的な花粉症の季節がやってきます。花粉症対策は、抗アレルギー剤の内服を早めになさる事とともに、抗原に暴露しないようにマスクやゴーグルを着用することが大切です。早めに対策を講じる事をお勧めします。現在、新型コロナ感染が爆発的に広がっており、花粉症の方が無症状の新型コロナ感染者になることが多く想定されます。花粉症のくしゃみによってウイルスは拡散し、周りの人に新型コロナ感染を広げることになリます。花粉症のある方は、早めに抗アレルギー剤を内服し、くしゃみを抑えることが新型コロナ感染対策の見地からも重要です。また、花粉症と風邪症候群、新型コロナ感染症(特にオミクロン株)の鑑別も重要ですので、自己判断で薬を内服せずに、鼻水、鼻づまりのある方は早めに内科、アレルギー科を受診なさってください。

新型コロナワクチン追加接種

 当院では、日常診療をしながら昼休みを中心に接種し、職員一同が最大限に努力をして、週に100名以上のワクチン接種をするように努力しております。豊島区のワクチン担当の方々には非常に積極的にワクチン供給に協力していただいており、大変感謝いたしております。しかし、現場の積極性にも関わらず、ワクチン供給個数は少なく、遅く、希望者全員に接種できる訳ではありません。従いまして、可能な限り集団接種をお勧めします。
 徐々にではありますが、治療薬の供給も進んでおり、早期治療の可能性が期待できます。しかし、現状で我々に出来る唯一の手段は、3密の全ての密を回避し、日頃から糖尿病、高血圧、脂質異常症などの持病の治療継続を行い、持病をしっかりコントロールして、万が一新型コロナに感染した際にも重症化しないようにすることが重要です。特にオミクロン株に感染した際の重症化予防に、持病の治療継続が不可欠であることが示唆されております。真冬の寒さの中ですが、当院では換気、加湿を徹底しておりますので、安心して持病の治療を継続なさってください。
2022年01月17日
高熱のある方、新型コロナウイルス、新型コロナワクチン追加接種

高熱のある方はあらかじめ電話でご相談ください

 当院には発熱外来はございません。また、「診療・検査医療機関」でもございません。当院かかりつけの方に関しましては、37.5度以上程度の高熱がある場合には、あらかじめお電話をいただき、他の患者さんと空間的、時間的に隔離して、当院でできる限りの検査のみで対応させていだくことは可能です。必要に応じて、他院紹介による新型コロナウイルスのPCR検査が必要になることもあります。当院では1日に対応できる人数がかなり限られており、当院で対応できないことも多々御座いますので、あらかじめ電話でお尋ねください。

新型コロナウイルス

 残念ながら昨年12月中旬に予想通り、日本でもオミクロン株による感染爆発が起こりました。オミクロン株の感染力は強く、潜伏期間も短いため、感染を完全に予防することは困難です。現状で我々に出来る唯一の手段は、ワクチン接種と3密の全ての密を回避し、日頃から糖尿病、高血圧、脂質異常症などの持病の治療継続を行い、持病をしっかりコントロールして、万が一新型コロナに感染した際にも重症化しないようにすることが重要です。特にオミクロン株に感染した際の重症化予防に、持病の治療継続は不可欠です。真冬の寒さの中ですが、当院では換気、加湿を徹底しておりますので、安心して持病の治療を継続なさってください。

新型コロナワクチン追加接種

 当院でも、かかりつけの患者さんに新型コロナワクチンの3回目接種を行う予定ですが、ワクチン供給個数は非常に少なく、希望者全員に接種できる訳ではありません。従いまして、可能な限り集団接種をお勧めします。
 当院では以下の条件の方のみ接種対象にさせていただきます。
  • 豊島区在住:当院かかりつけで1,2回目を当院で接種し、2回目接種から6ヶ月以上経過している方
  • 豊島区以外に在住:当院が基礎疾患(高血圧、糖尿病、リウマチ、慢性呼吸器疾患、貧血以外の血液疾患、慢性腎臓病、慢性肝臓病など)のかかりつけで、1,2回目を当院で接種し、2回目接種から6ヶ月以上経過している方
 基礎疾患の定義は厚生労働省のHPを参照してください。
 https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0034.html
 接種希望の方は受診時院長とご相談ください。
 新型コロナワクチンは入荷数が非常に限られており、無駄に廃棄するわけにはいきません。予約の変更はできませんが、キャンセルされる場合には、3日前までにあらかじめご連絡ください。また、当日連絡なく5分以上遅れますと、キャンセルとみなし、次の順番の方に連絡いたします。その場合には、次にいつ順番が回ってくるかは、お約束できません。
 どうか事情をご理解いただきますよう、お願い申し上げます。